歯科助手を目指している私が、歯科助手の仕事内容についてまとめてみました。

資格を取得して歯科助手として採用されたら、もうあなたは歯科医院の一員です。
そこで、歯科助手の仕事内容について見ていきたいと思います。

【受付業務】
歯科助手としての求人募集で一番多いのが「受付業務」です。
電話や受付窓口での予約管理や、診察券や保険証の確認などを行う仕事です。
歯科医院の顔となる業務ですので、患者さんに対する接し方や事務的な管理能力が問われます。

【診療介助】
すべての歯科医院で行う業務ではありませんが、歯科助手の少ない医院での仕事として挙げられるのが「診療介助」です。
診察室に入って歯科医師のアシストをします。
治療前の歯科器具の準備や治療器具の滅菌や消毒、薬剤の準備をするのが主な仕事です。
治療に関わる重要な仕事ですので、基礎知識をきちんと身に付けていないと務まらない業務です。

【診療明細書点検】
毎日の診療費の算定や毎月の診療明細書(レセプト)を作成するのが「診療明細書点検」です。
毎日の診療費の算定は、レセプトコンピューターに歯科医師の作成したカルテを見ながら患者さんごとに入力する仕事です。
毎月の診療明細書(レセプト)の作成というのは、日々行っている診療費の算定を一月ごとに取りまとめて健康保険などの社会保険機関に請求する仕事です。
このように、歯科助手というのは歯科医院において総合的な事務的な仕事を行っています。
どの分野の仕事を任されてもこなせるように、総合的な資格を目指してみるのも良いと思いますよ。