最近私は歯列矯正をしてみようと考えています。
そこで絶対に健康保険は使えないのかな?と思って調べてみました。

実は私は矯正をしてみようと思って矯正歯科に無料相談に行った際にも、
「矯正治療って健康保険って全く使えないんですか?」と聞いてみたりしたのです。
その結果このような情報を得る事が出来ました。

矯正治療は残念なことに、基本的には健康保険が適用されません。
ほとんどの場合は自由診療となってしまいますので、歯科クリニックが治療費を独自に設定でき、比較的高額になってしまいます。

しかしながら、国が定めた特定の症状に限っては保険が適応されます。
また、厚生労働省が指定自立支援医療機関として認定しているところであれば、健康保険適応の矯正治療ができる歯科クリニックとして、安心して治療を受けることができます。

そして、外科的な手術を必要とするケースも少なくありません。
上下のあごのバランスが悪い場合、外科的な手術と矯正治療を併用して行う必要があります。
上下のあごが大きいあるいは小さいといった場合は手術が必要になります。
その他にも、すでに成長がとまっていて、下あごが大きい受け口の方の場合、下あごを後ろに下げる手術を行う必要があります。

手術の必要性は、矯正歯科の専門家による詳しい検査の後に判断してもらえますので、まずは矯正歯科に相談されることをおすすめします。

歯並びをきれいに治すことを目的としていても、まずは歯のコンディションを整えておく必要があります。
そこで、治療の必要な虫歯歯や歯周病があると診断された場合には、あらかじめ普段通っているかかりつけの一般歯科クリニックで治療することになります。
このように、歯列矯正というのは一般治療と矯正歯科治療を平行して進めることもあるのです。

かかりつけの一般歯科クリニックがない方は、矯正歯科クリニックから紹介してもらえるケースもあり、歯科同士の連携体制も整っています。