相変わらず歯列矯正をしようかどうか悩み中。
スタンダードな歯列矯正に私も当てはまるようです。

歯一本ずつのバランスが悪くて歯がデコボコに生えたり、重なったりしている状態の乱杭歯や八重歯、口を閉じると下の歯列が上の歯列よりも前に出ている(上あごの骨の位置が後ろにある)状態の受け口、上の前歯が下の前歯よりも前に飛び出ている状態の出っ歯などの代表的な症状に対して、従来から行われてきたのが、ワイヤーと固定装置を使ったスタンダードな歯列矯正です。

また、歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態は、見た目も良くありませんし、発音のしにさがあります。
いわゆるすきっ歯と呼ばれるこのようなケースは、歯列全体の隙間を閉じる矯正歯科治療を行います。
軽度の場合ならば、ラミネートベニアという薄い人工的な歯を貼り付けるだけで改善できることもあります。

あと、できるだけ歯を抜かずに治療することをどこの歯科でも目標としていますが、治療が終わった時にしっかりと噛むことができる噛み合わせにするためにはどうしても抜歯が必要なケースがあります。
抜歯につきましては、原則的にどの歯科でもできますので、矯正歯科専門医よりも安全に抜歯処理ができる口腔外科専門の歯科医師に抜歯してもらうことも一つの方法です。
もちろん、矯正専門歯科でも可能です。

つまりは患者自身の考えによるところですので、矯正してくれる医師と相談の下で決めると良いみたいです。
矯正専門医の方から抜歯処理ができるエキスパートを紹介されることもあるかもしれませんので、その際には指示に従えば間違いないと思います。