洗濯物が乾かないな、と梅雨の時期ならだれでも思うのでしょうが、冬の寒い時期にも太陽の力が弱く、
風にあたっても寒いだけなので、中でかわかすことになります。

乾燥機を持っている人は、洗濯機から即、乾燥機に、で、困ることもないでしょう。
私は、部屋の乾燥防止にも一役かってくれるので、部屋に特別なロープを張り、エアコンの暖房で洗濯物を乾かします。

実家でもそうだったので一人になっても同じことをしてしまいます。
本当は、太陽を浴びてお日様の香りを含んだ洗濯物が気持ち良いとされますが、こういう季節はしかたないと思っています。

そういう私も、夏はあれだけ日陰を渡り歩いていたのが、冬には、何が何でもお日様の当たっている道を探して歩きます。

もちろん日差しのきつい時は、紫外線で肌にダメージを受けるので、太陽光を避けます。
冬はどうしても、あたたかい方に体が行ってしまいます。

そう言えば、長袖を着ているし、マスクする人や帽子をかぶる人も結構いるので、それだけで、防止出来ているのかもしれません。

私も、コートに帽子、マスクに、黒のストッキングのいでたちで出かけます。
こうなったら、太陽の光ではなく、あたたかさを求めると言った方が正しいでしょう。
インフルエンザ云々と言われる季節になると、あらゆる健康面の注意も必要になって行きますが、
昔から、美容と健康は隣合わせ、だれでも綺麗でいたし、健康でいたい、自然の恵みは上手に取り入れたいものだといつも思いつつ生活しています。